スポンサードサーチ

児童手当と子育て給付金の違い

 

児童手当と子育て給付金の違い

児童手当と子育て給付金、名称が似ているので同じものかと思ってしまう方もいると思います。
また、別物であると知っていても、どのような違いがあるのかまでは分からない方も多いと思います。
ここでは二つの手当ての違いを紹介していきますね。

児童手当と子育て給付金の違い

 

まず、子育て給付金と子育て世帯臨時特例給付金は同じ物だという事を述べておきます。
国民や対象者に分かりやすくする為、子育て世帯臨時特例給付金を子育て給付金と言っているわけです。

 

そして以下が、児童手当と子育て給付金の違いになります。

 

 

▼児童手当
0歳から中学校修了までの児童一人につき、月額1万円〜1.5万円が支給される。

 

▼子育て給付金
消費税が5%から8%への上昇による家庭の下支えとして臨時的1回限りに支給される(された)制度

 

 

以上が二つの手当ての違いとなります。

 

子育て給付金はあくまで消費税増税による一時的な支援的側面の手当てということですね。

 

また、子育て給付金は2015年の支給額が5000円になるとの閣議決定がされています。
3/13現在申請方法等は発表されていませんので続報を待ちましょう。

 

スポンサードサーチ