スポンサードサーチ

私立高校無償化・授業料免除について

 

私立高校無償化・授業料免除について

よく勘違いされる事ですが、私立高校無償化との制度はありません。

2015年現在、大阪府や京都府が独自に行おうと計画しているものの、現状では高等学校等就学支援金を支給する制度の範囲内に収まっています。

私立高校に通っている場合の免除額は?

 

私立高校に通っている場合の免除額は、保護者の市町村民税所得割額により異なります。

 

具体的には11万8800円〜29万7000円となります。

 

ちなみに、公立高校に通っている場合の免除額は11万8800円となります。

 

所得制限はある?

 

所得制限があります。

 

保護者の市町村民税所得割額が30万4200円以上(世帯年収910万円程度)の場合は支援金(免除額)が支給されません。

 

申請方法と受け取り方法

 

通常は通っている高校にて必要書類が配られます。
申請も自ら自治体に提出するのではなく、一旦高校に提出して高校が自治体に一括提出する場合が一般的です。

 

また、支援金も保護者が受け取るわけではありません。
国が高校に支援金を支給し、高校側が授業料から相殺する形を取ります。

スポンサードサーチ