スポンサードサーチ

子育て世帯臨時特例給付金とは?

 

 

子育て世帯臨時特例給付金とは?

テレビやニュース等において、「子育て世帯臨時特例給付金」との単語を聞いた事があるかもしれません。
この子育て世帯臨時特例給付金は児童手当とは違うのか、給付対象者はどうなっているのか。
気になっている方も少なくないと思いますので、紹介していきますね。

子育て世帯臨時特例給付金とは?

 

子育て世帯臨時特例給付金とは、児童手当とは別、要するに併給調整として支給されるものです。

 

子育て世帯臨時特例給付金が児童手当とは別物の理由に、その目的が挙げられます。
目的として、

消費税率が5%から8%へ引き上げられる(られた)為に、子育て世帯の影響を緩和、子育て世帯の消費の下支えを図る観点より臨時的な給付措置として行うもの。

 

以上のようなものがあります。

 

要約すると、消費税が8%になったので家庭の安定的なサポートとして臨時給付をするということですね。

 

子育て世帯臨時特例給付金の支給対象者とは?

 

支給対象者は現在児童手当を支給されている児童が該当します。
しかし、ここで一つ注意が必要です。
「所得が児童手当の所得制限額に満たない人」との注釈が付きます。

 

当サイト児童手当には所得制限がある?

 

のページにて紹介した所得制限に該当するご家庭は、

 

5000円の児童手当を支給されていても子育て世帯臨時特例給付金は対象外となります。

 

子育て世帯臨時特例給付金の申請方法

 

2014年の申請申し込みは9/30をもって受付を終了しました。

 

2015年につきましては、3/13現在で児童一人あたり3000円の支給が決定しています。
しかしその申請方法は未だ明示されておりませんので、厚生労働省でお知らせ出来る内容が整い次第発表される模様です。

スポンサードサーチ