そもそも児童手当の目的とは何?

スポンサードサーチ

そもそも児童手当の目的とは何?

 

 

そもそも児童手当の目的とは何?

 

 

児童手当とは、2012年の民主党政権下において誕生した「子ども手当て」を引き継いだ手当てです。
その名称からなんとなく「子供の為の手当て」と漠然とした認識がありますが、そもそも児童手当の目的とは一体何なのでしょうか。

 

 

児童手当の目的とは?

 

まずは児童手当の支給資格者と受給対象者をおさらいしていきましょう。

 

 

支給資格者

日本国内に住所を有する中学校修了までの児童

 

受給対象者

各市町村において住民登録をしており、養育者を監護している父母または養育者の監護及び生計を維持している者

 

以上となります。

 

次に児童手当の目的ですが、

 

  • 児童の育成を経済面から支援し、児童の健全な成長を促す
  • 次代の社会をになう健全な育成及び資質の向上目的

 

噛み砕いて要約すると、
将来の日本を今以上に発展させるため、児童の健全な育成を目的とした手当てである。
児童手当の支給によって家庭の経済面を支援し、安定的な児童の育成に寄与。
更に噛み砕くと、

 

政府が家庭の内面(経済面)をサポートするので、子供を健全に且つ安定的に育ててくださいね。
子供は将来の日本発展の為に欠かせません!

 

このような感じですね。

スポンサードサーチ